コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田女王 あわたのじょおう

1件 の用語解説(粟田女王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田女王 あわたのじょおう

?-764 奈良時代の女王。
河内(かわちの)女王とともに元正太上天皇につかえる。橘諸兄(たちばなの-もろえ)宅でもよおされた和歌の宴での歌1首が「万葉集」におさめられている。天平宝字(てんぴょうほうじ)5年光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位,のち正三位となる。天平宝字8年5月4日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

粟田女王の関連キーワード孝謙天皇池田真枚忌部鳥麻呂塩焼王藤原久須麻呂藤原薩雄桜島大日向村の分村移民最低賃金正倉院宝物

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟田女王の関連情報