粟穂(読み)あわほ

精選版 日本国語大辞典の解説

あわ‐ぼ あは‥【粟穂】

〘名〙
① 粟の。あわぼう。《季・秋》
※俳諧・泊船集(1698)六「こぼれたる粟穂の雀あれへ飛べ〈重行〉」
小正月予祝行事に用いるつくりものの一つ。ヌルデ、ニワトコなどの木でつくった削りかけ。→あわぼひえぼ
③ 植物「さらしなしょうま(晒菜升麻)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の粟穂の言及

【アワ(粟)】より

… 現在もアワが関与する民俗儀礼が,山村・離島や古い神社の祭礼などにわずかながら残っている。小正月には東日本を中心に粟穂稗穂(あわぼひえぼ)の行事がみられ,また〈裸回り〉のような特異な儀礼もある。これは小正月に夫婦が裸になり,いろりのまわりを回りながら,〈粟穂が下がった〉〈実入って割れた〉と唱えるもので,アワやヒエの予祝儀礼とされている。…

※「粟穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟穂の関連情報