粟穂稗穂(読み)あわぼひえぼ

世界大百科事典 第2版の解説

あわぼひえぼ【粟穂稗穂】

その年の作物の豊穣を予祝する小正月の呪術の一種で,アワやヒエの豊熟したさまを表す作り物。東日本に多い。材料にはヌルデなどの枝を用い,形状は10cmくらいに切った枝をに見たて細い割竹の先にさして穂垂れにしたものや,30cmくらいの枝を十数本束ねたものなどがあり,神棚に供えたり,庭先や堆肥の上に立てたりした。枝の表皮をはいだ方を粟穂,皮つきのものを稗穂と呼び分ける所もある。【田中 宣一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あわぼひえぼ【粟穂稗穂】

小正月に豊作を予祝して作る飾り物の一種。ヌルデなどの木を10センチメートルぐらいに切り、削り掛けにしたものを粟の穂に、皮付きのままのものを稗ひえの穂にみたてたもの。割り竹にさして庭に立てたりする。東日本に多くみられる。あぼへぼ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟穂稗穂
あわぼひえぼ

小正月の豊作祈願の一形式で、アワやヒエの豊熟したさまを表す作り物。ヌルデなどの枝を10センチメートルぐらいに切り、割り竹の先に刺して穂垂れの形にしたものや、20センチメートルぐらいの枝を十数本束ねたもの、小餅(もち)、団子を枝につけたものなどがあり、神棚に供えたり、屋外に飾りつける。枝の表皮を剥(は)いだのを粟穂、皮付きの稗穂と区別する所もある。広く分布していたが、アワ、ヒエ栽培の衰退とともに、ほとんどみられなくなった。[田中宣一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の粟穂稗穂の言及

【削掛け】より

…小正月に神棚や戸口,神社などに飾るが,花が開き,穂が垂れた形には一年の豊作を予祝する意味がこめられている。小正月の〈祝棒(いわいぼう)〉にも削掛けをほどこしたものが多く,ヌルデなどを削掛けにしたものをアワの穂に見たて,〈粟穂稗穂(あわぼひえぼ)〉といって実りを予祝する習俗は東日本に分布している。アイヌのイナウ(イラスト)も削掛けの一つであるし,山形県の笹野一刀彫などの民芸にもこの技法が残されている。…

【農耕儀礼】より

…西日本の一部では,1月20日を〈麦正月〉といって,麦飯ととろろ汁を食べて麦畑に出かけ,そこに蓑(みの)を敷いて麦の実が満ちた状態の所作を行った。東日本では,1月20日は〈粟穂(あわぼ)・稗穂(ひえぼ)〉といって,ヌルデの木を10cmくらいに切り,皮をむいて白くしたものを粟穂,皮つきのものを稗穂にみたてて,割竹の先にさしたり,藁(わら)で結んだりして庭前に立てる。いずれも麦やアワ,ヒエの豊作を祈願した行事である。…

※「粟穂稗穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android