粟立つ(読み)アワダツ

デジタル大辞泉の解説

あわ‐だ・つ〔あは‐〕【×粟立つ】

[動タ五(四)]恐怖や寒さなどのため、毛穴が収縮して、皮膚一面に粟粒ができたようになる。鳥肌が立つ。「凄惨(せいさん)な現場を見て全身が―・つのを覚えた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわだつ【粟立つ】

( 動五[四] )
寒さや恐ろしさのために毛穴が縮み、皮膚一面に粟粒のようなぶつぶつができる。鳥肌だつ。 「寒さで皮膚が-・つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android