コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟立つ アワダツ

デジタル大辞泉の解説

あわ‐だ・つ〔あは‐〕【×粟立つ】

[動タ五(四)]恐怖や寒さなどのため、毛穴が収縮して、皮膚一面に粟粒ができたようになる。鳥肌が立つ。「凄惨(せいさん)な現場を見て全身が―・つのを覚えた」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あわだつ【粟立つ】

( 動五[四] )
寒さや恐ろしさのために毛穴が縮み、皮膚一面に粟粒のようなぶつぶつができる。鳥肌だつ。 「寒さで皮膚が-・つ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android