粟野秀用(読み)あわの ひでもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟野秀用 あわの-ひでもち

?-1595 織豊時代の武将。
はじめ伊達政宗の家臣。罪により処刑されると知り,のがれて豊臣秀吉につかえる。秀吉の四国攻めにしたがい,伊予(いよ)(愛媛県)柾木(まさき)城主となる。のち豊臣秀次(ひでつぐ)につかえ,秀吉による秀次の高野山への追放に連座し,文禄(ぶんろく)4年7月15日京都で自刃(じじん)。通称は藤八郎,のち喜右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android