コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟野秀用 あわの ひでもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟野秀用 あわの-ひでもち

?-1595 織豊時代の武将。
はじめ伊達政宗の家臣。罪により処刑されると知り,のがれて豊臣秀吉につかえる。秀吉の四国攻めにしたがい,伊予(いよ)(愛媛県)柾木(まさき)城主となる。のち豊臣秀次(ひでつぐ)につかえ,秀吉による秀次の高野山への追放に連座し,文禄(ぶんろく)4年7月15日京都で自刃(じじん)。通称は藤八郎,のち喜右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

粟野秀用の関連キーワードスペンサー(Edmund Spenser)木村常陸介サウスウェルカラッチ(Annibale Carracci)民進党代表選石田三成蒲生氏郷吉祥寺キッド金座

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android