コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

す【×鬆】

大根・牛蒡(ごぼう)などの芯(しん)にできるすきま。「が入(い)る」
豆腐・卵などを煮すぎたためにできる多数の細かい穴。鋳物などに急に高い熱を加えたときにも生じる。「が立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

す【鬆】

時期を過ぎた大根・牛蒡ごぼうなどや、煮すぎた豆腐などの内部にできるすき間や穴。 「 -の入った大根」 「 -が立つ」
鋳物の内部にできた空洞部分。鋳型に流し込んだ金属が冷却・凝固する際、空気が内部に閉じ込められて生ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鬆の関連キーワード骨粗鬆症(こつそしょうしょう)まちがいやすい食事療法の例骨折リスクの評価手法ステロイド性骨粗鬆症副甲状腺機能亢進症カシン‐ベック病デルペシュの法則DNAヘリカーゼ男性更年期障害骨粗鬆症治療剤成人脊柱変形骨粗しょう症帝国臓器製薬コルチゾール高齢者と骨折石灰脱失現象カルシトニン脊椎圧迫骨折老年症候群圧迫骨折

鬆の関連情報