コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精密鋳造法 せいみつちゅうぞうほう precision casting process

2件 の用語解説(精密鋳造法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精密鋳造法
せいみつちゅうぞうほう
precision casting process

仕上がり寸法の精度が高く,かつ鋳肌の美しい鋳物を造る鋳造法。次の諸法がある。インベストメント鋳造法ショープロセスプラスターモールド法ダイカスト法シェルモールド法,自硬性砂型鋳造法 (→砂型 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

精密鋳造法【せいみつちゅうぞうほう】

特殊な鋳型を用いて精巧な鋳物をつくる方法。インベストメント鋳造法セラミックモールド法,プラスターモールド法などがある。一般に複雑な形状のものでも鋳造でき,鋳肌(いはだ)がきれいで,機械加工をほとんど行わないですむ良好な寸法精度を得られる特徴がある。
→関連項目鋳物鋳造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

精密鋳造法の関連キーワード遠心鋳造法電鋳鋳包み遠心鋳造型師ダイカスト時をつくる生型法挽き型灰化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone