コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精密鋳造法 せいみつちゅうぞうほうprecision casting process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精密鋳造法
せいみつちゅうぞうほう
precision casting process

仕上がり寸法の精度が高く,かつ鋳肌の美しい鋳物を造る鋳造法。次の諸法がある。インベストメント鋳造法ショープロセスプラスターモールド法ダイカスト法シェルモールド法,自硬性砂型鋳造法 (→砂型 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

精密鋳造法【せいみつちゅうぞうほう】

特殊な鋳型を用いて精巧な鋳物をつくる方法。インベストメント鋳造法,セラミックモールド法,プラスターモールド法などがある。一般に複雑な形状のものでも鋳造でき,鋳肌(いはだ)がきれいで,機械加工をほとんど行わないですむ良好な寸法精度を得られる特徴がある。
→関連項目鋳物鋳造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

精密鋳造法の関連キーワードダイカスト鋳鋼品冶金

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android