コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精巣炎 せいそうえん

2件 の用語解説(精巣炎の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せいそうえん【精巣炎】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精巣炎
せいそうえん

おもに細菌感染によって精巣(睾丸(こうがん))が炎症をおこしたものをいう。精巣上体(副睾丸)の炎症が精巣に波及することはしばしばみられるが、精巣自体に炎症が原発することはむしろまれである。代表的なものは耳下腺炎(じかせんえん)性精巣炎で、成人が流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)にかかった際にみられ、精巣の痛みと腫脹(しゅちょう)を呈するが1週間程度で快復し、そのあとに精巣が萎縮(いしゅく)することがある。通常、一側性であるが、両側性の場合には男子不妊症(男性に原因がある不妊症)の原因となることがある。このほか梅毒性の精巣炎などもまれにある。[河田幸道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精巣炎の関連情報