コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精巣炎 せいそうえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精巣炎
せいそうえん

おもに細菌感染によって精巣(睾丸(こうがん))が炎症をおこしたものをいう。精巣上体(副睾丸)の炎症が精巣に波及することはしばしばみられるが、精巣自体に炎症が原発することはむしろまれである。代表的なものは耳下腺炎(じかせんえん)性精巣炎で、成人が流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)にかかった際にみられ、精巣の痛みと腫脹(しゅちょう)を呈するが1週間程度で快復し、そのあとに精巣が萎縮(いしゅく)することがある。通常、一側性であるが、両側性の場合には男子不妊症(男性に原因がある不妊症)の原因となることがある。このほか梅毒性の精巣炎などもまれにある。[河田幸道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精巣炎の関連キーワードヘルニア嵌頓との鑑別が必要な病気思春期のおたふくかぜと睾丸炎精巣(睾丸)腫瘍流行性耳下腺炎流行性髄膜炎フィラリア症不妊症睾丸炎

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精巣炎の関連情報