コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流行性耳下腺炎 りゅうこうせいじかせんえん mumps

翻訳|mumps

7件 の用語解説(流行性耳下腺炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流行性耳下腺炎
りゅうこうせいじかせんえん
mumps

俗におたふくかぜともいう。ムンプスウイルスによる伝染病。4~14歳頃に感染しやすく,一度罹患すれば終生免疫となる。顎の運動,加圧などで疼痛を感じることがあり,食欲不振,頭痛,吐き気,四肢痛および発熱があり,耳下腺腫脹が現れ,口腔内の耳下腺開口部が赤みを増す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうこうせい‐じかせんえん〔リウカウセイ‐〕【流行性耳下腺炎】

ムンプスウイルスの感染による伝染性の耳下腺の炎症。学童期に多く、学校感染症の一。感染症予防法の5類感染症の一。2、3週間の潜伏期ののち高熱が出て、片側あるいは両側の耳の下の部分がはれて痛む。成人が発病した場合は睾丸炎(こうがんえん)・卵巣炎を起こすこともある。おたふくかぜ。ムンプス。→ムンプス難聴

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

流行性耳下腺炎【りゅうこうせいじかせんえん】

おたふく風邪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

流行性耳下腺炎

 マンプスともいい,俗におたふくかぜともいう.パラミキソウイルスの感染によって起こる耳下腺など唾液腺の腫脹をともなう炎症.ときに精巣などにも炎症を起こす.耳下腺が大きく腫れ丸い顔の状態になることから,おたふくかぜと呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうこうせいじかせんえん【流行性耳下腺炎 epidemic parotitis】

ムンプスウイルスによる感染症。ムンプスmumpsともいい,また耳下腺がはれて特有の顔つきとなることから,俗に〈おたふく風邪〉ともいう。このウイルスはパラミクソウイルス属に属し,径85~300nm,ヒトからヒトへの飛沫感染によって伝染する。発症は大部分が5歳以下の小児で,冬から早春にかけて流行することが多い。潜伏期間は2~3週間。全身倦怠,発熱をもって発症し,唾液腺が腫張して痛む。とりわけ耳下腺に著しく,多くの場合両側とも腫張するが,片側のこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうこうせいじかせんえん【流行性耳下腺炎】

ムンプスウイルスの感染による耳下腺炎。二~三週間の潜伏期ののち、発熱とともに耳下腺がはれて痛む。睾丸炎・卵巣炎を併発することがある。治癒後は終生免疫が得られる。おたふくかぜ。ムンプス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流行性耳下腺炎
りゅうこうせいじかせんえん
epidemic parotitis

ムンプスmumpusともいい、ムンプスウイルスの感染によっておこる急性伝染病で、高熱を出して耳下腺が腫(は)れ、お多福(おかめ)のような特有の顔つきになるところから、俗に「おたふくかぜ」とよばれる。幼稚園から学童期の小児がかかりやすく、学校感染症の第2種に含まれている。感染症予防・医療法(感染症法)では、5類感染症の定点把握疾患に指定されている。都市部では1年を通じてみられるが、一般には冬から早春にかけて多発する。
 潜伏期は2、3週間で、初めは熱がすこし出て頭痛がしたりするが、そのうち耳下腺部(耳たぶの下方)が片側だけ、あるいは両側が腫れてくる。片側の場合でも2、3日すると反対側も腫れてくることが多い。このころには熱が40℃前後になることもあり、腫れた部分は弾力があり、押したり口を動かすと痛むが、その部分に熱をもったり、見たところ色が変わったりすることはない。
 特効薬はなく、安静にして腫れた部分に冷湿布を当て、柔らかい食事を与え、うがいをたびたび行って口中を清潔にしておけば、1週間くらいで熱や腫れが引いて治癒する。まれにウイルスが頭部に移行して脳炎や髄膜炎をおこすと、頭痛、嘔吐(おうと)、意識混濁、けいれんなどの症状を呈する。また、成人が罹患(りかん)した場合には精巣炎や卵巣炎をおこすことがあり、両側の精巣が侵されると男性不妊症の原因となることがある。予防としては、発熱の初期から解熱後1週間までは飛沫(ひまつ)感染の危険があり、耳下腺の腫れが完全に消失するまでは幼稚園や学校を休ませる。また、個人的な予防には弱毒生(なま)おたふくかぜワクチンが有効である。なお、一度かかれば終生免疫が得られる。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流行性耳下腺炎の関連キーワードジャンプスーツパンプススローウイルス感染症グリンプスムンプスむんむんムンプス難聴ムンプスウイルスデルムンドおたふく風邪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流行性耳下腺炎の関連情報