精神保健指定医(読み)せいしんほけんしていい

知恵蔵mini「精神保健指定医」の解説

精神保健指定医

1987年の精神保健法改正によって定められた、人権上適切な配慮を必要とする精神科医療において、患者の人権を擁護する上での国家資格。この資格により、指定医は精神疾患の患者の強制入院要否などを判断することができる。指定医となるには履歴書、実務経験証明書、症例リポートなどの提出研修受講など、必要な手続きを経て申請し、それに基づき厚生労働大臣が指定する。医療現場にとっては、強制入院を伴う診療態勢を組むには一定数の指定医が必要となるほか、診療報酬の優遇措置もとられる。2016年9月、全国の複数の医療機関の精神科医が資格を不正に取得していた疑いのあることが、厚生労働省の調査で判明した。

(2016-9-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android