コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

措置入院 そちにゅういん

5件 の用語解説(措置入院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

措置入院
そちにゅういん

1988年に施行された精神保健法第 29条に定められている入院形態。都道府県知事精神保健指定医に診察を命じ,診察の結果,精神障害者であり,医療および保護のため入院させなければ,自傷・他害のおそれがあることを,知事が指定する2人以上の指定医が診察の結果一致したとき入院させることができるとしたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

措置入院

精神障害が原因で本人や他人を傷つける恐れがある場合、本人の同意がなくても精神科病院に入院させることができる仕組み。精神保健福祉法に基づいて指定医が診察し、結果を踏まえて知事か政令指定市長が決める。2014年度は6861人で、10年前の1.36倍になった。平均入院日数は10年間で半減している。

(2016-09-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そち‐にゅういん〔‐ニフヰン〕【措置入院】

精神保健福祉法で定められた、精神科病院への入院形態の一つ。入院しなければ自傷・他害のおそれのある場合、都道府県知事の権限で、強制的に入院させること。緊急時以外は、複数の指定医(精神科医)の判定による判定が必要。→任意入院医療保護入院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そちにゅういん【措置入院】

精神保健福祉法に基づき、自傷・他害のおそれのある精神障害者を、複数の精神衛生鑑定医の一致した認定によって都道府県知事が強制的に病院に入院させること。または、それによる入院。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

措置入院

1988年に施行された精神保健法(現・精神保健福祉法)の第29条に基づき、精神障害を原因とし自傷・他害の恐れがある人を、本人・家族などの同意がなくても精神科病院に入院させることができる仕組みのこと、またはこれによる入院のこと。緊急時以外は、2人以上の精神保健指定医が診察を行い、診察結果が一致した時に、都道府県知事あるいは政令指定都市市長が行政措置として入院を命じる。措置入院者数は、2014年度が6861人であり、10年前に比べ約1.36倍となった。措置入院の解除(退院)は、精神保健指定医1人が「症状消退届」を都道府県や政令指定市に提出することによって決められる。16年11月には、厚生労働省の検証・再発防止策検討チームが、判断の難しい一部の措置入院患者の解除(退院)につき、精神保健指定医1人の判断に加え精神保健福祉センターの医師の意見を聞くことを義務づける仕組みに変える方針を固めた。

(2016-11-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の措置入院の言及

【精神保健福祉法】より

…これらは医療保護を要する者をなるべく広く含みうることを前提とするが,本人の意思に反した強制措置が採られる可能性をも考慮し,その範囲の過度の拡大を防ぐため,医学的知見を基礎とした範囲決定が要請される。
[入院の形態と人権保護]
 精神保健福祉法は,患者の意思に基づく任意入院を原則とするものの(22条の3),非任意入院として,(1)自傷・他害のおそれを要件として都道府県知事が行う措置入院,(2)医療保護を目的として保護者(20条)の同意に基づく医療保護入院,(3)急速を要するために保護者の同意を得ずに入院させる応急入院がある。非任意入院は,社会の安全の観点から正当化されるものではなく,精神障害者の医療保護により必要である場合に限り許容されよう。…

※「措置入院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

措置入院の関連キーワード母子保健法精神保健法精神保健福祉センター・精神保健福祉センタ施行期日精神保健指定医精神保健審判員精神保健判定医精神保健福祉普及運動外国為替及び外国貿易法(外為法)精神保健

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

措置入院の関連情報