コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自傷 ジショウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐しょう〔‐シヤウ〕【自傷】

[名](スル)自分で自分のからだをわざと傷つけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じしょう【自傷 self‐mutilation】

自己の身体の一部を傷つける行為をいう。K.メニンガーは,自傷を〈焦点的自殺focal suicide〉と呼び,自殺と関連づけて説明している。また,自傷の中に罪悪感に対する贖罪(しよくざい)としての象徴的な意味を見いだそうとする学者もいる。しかし一般には,自傷とはそれ自体が完結した行為であるという立場をとる学者が多い。つまり,自殺行動とは必ずしも関連づけて考えないのである。臨床場面では,自傷個所は顔面,胸部,陰部などがよく選ばれるが,致命的な行動に移行する場合はまれである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じしょう【自傷】

( 名 ) スル
自分で自分の身体を傷つけること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自傷の関連キーワードwrist cut syndrome境界性パーソナリティー障害精神保健福祉法と入院形態境界性パーソナリティ障害ミュンヒハウゼン症候群境界パーソナリティ障害全国児童養護施設協議会自閉症(自閉性障害)不登校(登校拒否)wrist cut重度重複障害教育心の病気の症候群境界性人格障害精神保健指定医境界線分裂病リストカット医療保護入院プロセス依存障害児教育心の後遺症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自傷の関連情報