コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神保健福祉法 セイシンホケンフクシホウ

デジタル大辞泉の解説

せいしんほけんふくし‐ほう〔‐ハフ〕【精神保健福祉法】

《「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の通称》精神障害者の医療・保護、社会復帰の促進、自立への援助、発生の予防などを行い、福祉の増進と国民の精神的健康の向上を図ることを目的とする法律。昭和25年(1950)精神衛生法として制定され、昭和62年(1987)の改正時に精神保健法改称。平成7年(1995)の改正で現在の名称に改められた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんほけんふくしほう【精神保健福祉法】

〈精神保健及び精神障害者福祉に関する法律〉(1995年法律第94号)の略称。精神障害者等の医療および保護を行い,その社会復帰の促進およびその自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行い,並びにその発生の予防その他国民の精神的健康の保持および増進に努めることによって,精神障害者等の福祉の増進および国民の精神保健の向上を図ることを目的とする(1条)。 従来,精神障害者の医療と保護に関しては,1900年の精神病者監護法および19年の精神病院法が存在したが,前者は障害者の治療保護に関する規定をほとんど含まず,いわゆる座敷牢制度を一定の要件の下に合法化するもので,後者も精神病院を治療の場というより保安施設としてとらえるものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいしんほけんふくしほう【精神保健福祉法】

正称、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律。国民の精神保健の向上、精神障害者の治療、人権擁護、社会復帰の促進について定める。1995年(平成7)、旧精神保健法を改正・改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精神保健福祉法
せいしんほけんふくしほう

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精神保健福祉法
せいしんほけんふくしほう

精神障害者の医療・保護、社会復帰促進、自立の促進などに関する法律。正式名称は「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」。昭和25年法律第123号。1950年(昭和25)に制定された精神衛生法を1987年に大改正、1988年に施行したものが精神保健法である。この精神保健法は1993年(平成5)の一部改正を経て、1995年に精神保健福祉法となった。[吉川武彦]

改正による動き

精神衛生法から精神保健法となった1987年(昭和62)改正の特徴は、
(1)精神障害者の処遇に「社会復帰」が加えられたこと、
(2)精神障害者の人権擁護がインフォームド・コンセント(医師の十分な説明と患者の同意)の考えにしたがって強く打ち出されたこと、
(3)国民の精神的健康の保持・増進が大きくうたわれたこと、
の3点にある。なかでも人権擁護に関しては、精神障害者処遇の適否等を審査するため都道府県に精神医療審査会を設置したことや、入院中の患者の行動制限には厳格な条件がつけられたほか通信・面会の自由が保障され、これらの人権規定に違反した医師には罰則が科されることになった。1993年(平成5)の改正点は、大都市特例の導入、精神障害(者)の定義の明確化、「保護義務者」の「保護者」への名称変更、地域生活援助事業(グループホーム)の法定化、社会復帰促進センターの設置、欠格条項の見直しなどである。1995年改正によって精神保健福祉法となったが、この改正では、障害者基本法(1970年の心身障害者対策基本法が1993年12月に改正されたもの)が精神障害者を障害者と明確に定めたのを受け、この法の第1条に精神障害者の社会参加と自立を促進することがうたわれ、精神障害者のリハビリテーションに関する条項が整理された。社会復帰施設として生活訓練施設、授産施設、福祉ホーム、福祉工場が法定施設として列挙されたほか精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)が制度化された。また、通院患者リハビリテーション事業は社会適応訓練事業として法定化した。なお、法定事項ではないが、精神障害者の地域生活支援事業が行われることになり支援センターの設置が進められることとなった。
 1999年の改正では、精神障害者の人権に配慮した医療の確保のため、医療保護入院を限定的なものとした点や、仮入院制度を廃止した点がおもな改正事項である。また、精神科救急医療の制度基盤として、保護者の同意があれば精神障害者の病院への移送ができるようにしたほか、保護者の義務を軽くした。さらに、精神障害者の社会復帰施設として、地域生活支援センターを法制化し、ホームヘルプ・サービスやショートステイなどの事業を民間でも行えるようにした。また、2006年(平成18)の障害者自立支援法施行に伴い、本法に定められていた通院医療費公費負担制度(32条)が削除され、障害者自立支援法に移行されるなどの一部改正が行われたほか、精神障害者の定義(5条)のなかで用いられてきた精神分裂病の呼称を統合失調症に変更した。
 2013年4月の改正は、参議院先議で改正が図られ、同年6月には衆議院で可決成立、2014年4月(一部を除く)から施行された。おもな改正点は、(1)保護者制度の廃止、(2)医療保護制度の見直し、(3)精神医療審査会に関する見直しである。[吉川武彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

精神保健福祉法の関連キーワード精神保健福祉センター・精神保健福祉センタ精神保健福祉法と入院形態人身保護法(日本)精神保健・福祉法デュー・プロセス精神保健指定医医療保護入院ピアサポート精神科病院地域保健法統合失調症障害者手帳逮捕監禁罪守秘義務任意入院保安処分精神鑑定医療保障応急入院授産施設

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精神保健福祉法の関連情報