コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神対話士 せいしんたいわし

3件 の用語解説(精神対話士の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

精神対話士

孤独や寂しさなど心的問題を抱えている人の希望する場所に出向き、対話により精神的な支援を行う者、及びその資格のこと。ケアの対象者は、高齢者、病人、被災者、引きこもりの人、いじめの被害者など多伎にわたる。治療や精神療法は行わず、あくまで対話・傾聴することにより相手の心的状態の改善を目指す。財団法人メンタルケア協会(1993年設立)が開催する「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」の基礎課程と実践課程を受講・修了し、「精神対話士の選考試験」に合格した者に資格証が発行される。精神対話士は、同協会の派遣依頼によりクライアントの希望する場所に出向き、1回80分単位で対話し、報酬を得る。2010年時点の有資格者は約800名。

(2013-9-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

精神対話士

薬の処方など医療行為をするのではなく、対話を通じて孤独感や心の痛みを感じている人に寄り添い、前向きな気持ちになれるよう精神的な支援にあたる。報告書を通じて精神科医からアドバイスを受けるなどのサポート態勢を作っている。慶応大医学部出身の医師らが、1993年に「財団法人メンタルケア協会」(03・3405・7282)を設立。養成講座と面接試験に合格すると資格が得られる。現在、全国で約950人が活動している。

(2015-09-10 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

精神対話士

哲学者のような名前だが、メンタルケア協会が認定する民間資格名で、カウンセリングの仕事。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精神対話士の関連キーワード社内ニート頭を抱えるうそ寂しい抱え主消え入る孤独腹を抱える御中を抱える寂しい問題発見の4P

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精神対話士の関連情報