コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多伎 たき

2件 の用語解説(多伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多伎
たき

島根県北東部,出雲市南西部の旧町域。日本海に臨む。 1956年田儀村と岐久村が合体して多伎村となり,1969年町制。 2005年出雲市,平田市,佐田町,湖陵町,大社町の2市3町と合体して出雲市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多伎
たき

島根県中央部、簸川(ひかわ)郡にあった旧町名(多伎町(ちょう))。現在は出雲(いずも)市の南西部を占める地域。日本海に臨む。1956年(昭和31)岐久(きく)、田儀(たぎ)の2村が合併して多伎村となり、1969年町制施行。2005年(平成17)出雲市に合併。JR山陰本線と国道9号が通じる。旧町域の大部分は山林で、耕地は総面積の約7%にすぎない。沿岸は磯浜(いそはま)が大部分で、田儀港を中心にハマチ刺網、タイ、ブリ、イサキの一本釣りのほか、ウニ、ワカメ、岩ノリを特産する。またブドウ、イチジクなどの果樹栽培が盛ん。1978年から久村(くむら)地区には工業団地が造成された。久村にはまた行基(ぎょうき)の開基という華蔵(はなくら)寺がある。[石橋忠男]
『『岐久村誌』(1960・多伎村) ▽『田儀村誌』(1961・多伎村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多伎の関連情報