コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多伎 たき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多伎
たき

島根県北東部,出雲市南西部の旧町域。日本海に臨む。 1956年田儀村と岐久村が合体して多伎村となり,1969年町制。 2005年出雲市,平田市,佐田町,湖陵町,大社町の2市3町と合体して出雲市となった。大部分が山林で,かつては製炭が盛んであった。イチジク,ブドウを産し,海岸ではノリ,ワカメ,ウニ,ハマチを養殖。中心集落の田儀では粒うにを特産,下関に出荷され「下関うに」として知られる。田儀川沿いでは鉄道路床用の石材を採取する。北東部に華蔵寺,華蔵温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多伎
たき

島根県中央部、簸川(ひかわ)郡にあった旧町名(多伎町(ちょう))。現在は出雲(いずも)市の南西部を占める地域。日本海に臨む。1956年(昭和31)岐久(きく)、田儀(たぎ)の2村が合併して多伎村となり、1969年町制施行。2005年(平成17)出雲市に合併。JR山陰本線と国道9号が通じる。旧町域の大部分は山林で、耕地は総面積の約7%にすぎない。沿岸は磯浜(いそはま)が大部分で、田儀港を中心にハマチ刺網、タイ、ブリ、イサキの一本釣りのほか、ウニ、ワカメ、岩ノリを特産する。またブドウ、イチジクなどの果樹栽培が盛ん。1978年から久村(くむら)地区には工業団地が造成された。久村にはまた行基(ぎょうき)の開基という華蔵(はなくら)寺がある。[石橋忠男]
『『岐久村誌』(1960・多伎村) ▽『田儀村誌』(1961・多伎村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

多伎の関連キーワード奈良県高市郡明日香村稲渕田儀櫻井家たたら製鉄遺跡島根県出雲市多伎町多岐オープンキャンパスクラウドソーシングクラウドワーカー先天性風疹症候群公害防止管理者ライブカメラ多伎いちじく島根県出雲市エリアメール佐藤 惣之助荒川 嶺雲松谷みよ子出雲(市)クローン病精神対話士土橋 一吉長野多紀子

多伎の関連情報