コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神自動症 せいしんじどうしょうautomatisme mental[フランス]

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんじどうしょう【精神自動症 automatisme mental[フランス]】

フランス精神医学で用いられる概念で,クレランボー症候群ともいう。G.G.deクレランボーは精神分裂病の思考奪取,思考吹入,させられ体験,妄想気分,幻聴などに相当する症状を,意識や意志と無関係に精神活動が起きる現象として精神自動症とした。これらの幻覚,妄想,思考障害は実際には患者の精神内界で起きる精神現象であるが,患者には外部から他者によって操作され,押しつけられたと感じられる結果,二次的に被害妄想を生ずるようになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の精神自動症の言及

【クレランボー】より

…法律学,ついで医学を学び精神科医となったが,若いころから芸術全般に関心をもち,民族学の造詣も深かった。パリ警視庁特別医務局に在職当時(1920‐33),同所でなされた講義と鋭い臨床観察に基づいた精神病理学説,とりわけ〈精神自動症automatisme mental〉の概念によって名声を博した。彼は慢性幻覚精神病の症状分析から,その基本にあって自発的,機械的に生ずる現象を精神自動症と名づけ,各種の幻覚,考想化声,先行思考,作為体験などを説明したが,とりわけ幻覚や妄想に先行する感情的色調を欠いた中性的性格の小自動症を重視した。…

【クレランボー】より

…法律学,ついで医学を学び精神科医となったが,若いころから芸術全般に関心をもち,民族学の造詣も深かった。パリ警視庁特別医務局に在職当時(1920‐33),同所でなされた講義と鋭い臨床観察に基づいた精神病理学説,とりわけ〈精神自動症automatisme mental〉の概念によって名声を博した。彼は慢性幻覚精神病の症状分析から,その基本にあって自発的,機械的に生ずる現象を精神自動症と名づけ,各種の幻覚,考想化声,先行思考,作為体験などを説明したが,とりわけ幻覚や妄想に先行する感情的色調を欠いた中性的性格の小自動症を重視した。…

※「精神自動症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

精神自動症の関連キーワードG.G. クレランボークレランボー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android