コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟毛 カスゲ

デジタル大辞泉の解説

かす‐げ【×糟毛】

馬の毛色の名。灰色に少し白い毛がまじっているもの。
「―なる馬に乗り」〈古活字本保元・中〉
白髪まじりの頭髪。
「ひょこひょこと来るは撥鬢(ばちびん)―の親仁」〈浄・浪花鑑

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かすげ【糟毛】

馬の毛色の名。灰色に白の差し毛のあるもの。 「 -なる馬に金覆輪の鞍置きて/盛衰記 29

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の糟毛の言及

【ウマ(馬)】より

…葦毛は幼時は栗毛,鹿毛,青毛のいずれかで,年をとるとともに白色毛が増すもので,壮年に至ってほとんど全身白色となるが,長毛まで白くなることはほとんどない。このほか有色毛と白色毛のまざる糟毛(かすげ),斑紋のある斑毛(ぶちげ)などもある。
【祖先種】
 家畜のウマの祖先種についてはプシバルスキーウマ(モウコウマ)Przewalskii horseのみと主張する単元説と,そのほかにターパンtarpanやシンリンターパンがあったとする多元説とがある。…

※「糟毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報