コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟谷武文 かすや たけぶみ

1件 の用語解説(糟谷武文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

糟谷武文 かすや-たけぶみ

1823-1887 幕末-明治時代の武士,神職。
文政6年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。嘉永(かえい)7年藩命により水戸で福地政次郎に砲術をまなぶ。文久3年(1863)尊攘(そんじょう)派の同志とともに黒部権之助ら重臣を殺害。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に属して関東各地を転戦。維新後は氏殿(のち名和)神社の神職をつとめた。明治20年2月24日死去。65歳。通称は右馬允。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

糟谷武文の関連キーワード渡辺小華岡田善長麻見義修白取数馬白木為直鈴木大多賀努中村弘毅矢田堀鴻若井成章

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone