糸掛貝(読み)イトカケガイ

デジタル大辞泉の解説

いとかけ‐がい〔‐がひ〕【糸掛貝】

イトカケガイ科の巻き貝の総称。海岸の細砂底にすむ。貝殻は紡錘形で、多くは白色。殻表に縦に糸を掛けたような肋(ろく)をもつ。オオイトカケガイ・ネジガイ・ナガイトカケガイなど。おだまき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとかけがい【糸掛貝】

腹足綱イトカケガイ科の巻貝の総称。すべて海産。殻表に縦に走る細い糸状突起をもち、多くは純白色。オオイトカケガイは殻高8センチメートル 内外で特に美しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android