コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀名虎 きの なとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀名虎 きの-なとら

?-847 平安時代前期の官吏。
紀勝長の子。娘種子(たねこ)を仁明(にんみょう)天皇の,静子を文徳(もんとく)天皇の更衣とし,惟喬(これたか)親王をはじめおおくの皇子,皇女の外祖父となる。承和(じょうわ)10年正四位下にすすむ。中務大輔(なかつかさのたいふ)をへて11年刑部卿(ぎょうぶきょう)となるが,藤原氏との勢力争いに敗れ,要職にはつかずにおわった。承和14年6月16日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀名虎

没年:承和14.6.16(847.7.31)
生年:生年不詳
平安前期の貴族。勝長(梶長とも)の子。承和2(835)年従五位上,同10年正四位下。この間備前守,中務大輔を経て翌11年刑部卿に補任。このスピード昇進は娘種子を仁明天皇に,同じく静子を文徳天皇にいれたことによるもので,前者は常康親王,真子内親王を,後者は惟喬,惟条親王などをもうけている。嘉祥3(850)年文徳は藤原良房への気兼ねから第1皇子の惟喬親王をさしおき,良房の外孫で生後8カ月の惟仁親王(のちの清和天皇)を立太子したが,両親王の立太子をめぐり,名虎と良房とがそれぞれ加持祈祷させたとも,ふたりが相撲をとって勝負を決めたともいい,また敗れた名虎が血を吐いて死んだといった話もあるが(『江談抄』『平家物語』),名虎は3年前に没しており,史実ではない。惟喬親王の不遇に対する同情が生んだ伝説とみるべきものである。2男3女あり(『紀氏系図』)。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

紀名虎の関連キーワード競伊勢物語珍子内親王藤原敏行藤原元真紀勝長紀種子紀静子官吏