コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀定丸 きの さだまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀定丸 きの-さだまる

1760-1841 江戸時代後期の狂歌師。
宝暦10年生まれ。幕臣。大田南畝(なんぽ)(四方赤良(よもの-あから))の甥。四方側に属して天明狂歌壇で活躍し,赤良の狂詩集「通詩選」を校訂。黄表紙「新田通戦記」などもある。文化2年支配勘定,のち勘定組頭になった。天保(てんぽう)12年6月25日死去。82歳。姓は吉見。名は義方。通称は儀助。別号に野原雲輔,本田原勝栗など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀定丸の関連キーワード天保の改革山県周南前古典派音楽松浦静山松浦静山松浦静山松浦静山松浦静山一中節剣攷

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone