コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀家守 きの いえもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀家守 きの-いえもり

725-784 奈良時代の公卿(くぎょう)。
神亀(じんき)2年生まれ。紀男人(おひと)の子。美濃守(みののかみ),左中弁,右兵衛督(うひょうえのかみ),内蔵頭(くらのかみ)などを歴任。延暦(えんりゃく)元年参議・中宮大夫(ちゅうぐうのだいぶ)となり,のち備前守もかねた。従四位上。延暦3年4月19日死去。60歳。名は「やかもり」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀家守

没年:延暦3.4.19(784.5.12)
生年神亀2?(725)
奈良時代官人。紀男人の子。麻呂の孫。天平宝字5(761)年ごろ治部少丞。宝亀1(770)年1月,従五位下。春宮亮,美濃守,内蔵頭などを歴任。延暦1(782)年6月,参議,中宮職の長官となる。のち従四位上にのぼり,死んだときには内蔵頭で備前守も兼ねていた。『紀氏系図』は猿取の子とする。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

紀家守の関連キーワード没年公卿

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android