紀広純(読み)きの ひろずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀広純 きの-ひろずみ

?-780 奈良時代の公卿(くぎょう),武人。
紀宇美(うみ)の子。宝亀(ほうき)8年陸奥守(むつのかみ)で按察使(あぜち)をかね,鎮守副将軍として出羽(でわ)の蝦夷(えみし)を平定する。9年従四位下,11年参議。同年3月22日覚鱉柵(かくべつさく)造営のため伊治城にはいったとき,信任していた蝦夷出身の伊治呰麻呂(あざまろ)の反乱にあって殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀広純

没年:宝亀11.3.22(780.5.1)
生年:生年不詳
奈良時代の貴族。紀麻呂の子である宇美の子。天平宝字2(758)年1月,正六位上,北陸道問民苦使(「もみくし」とも)となり,7年1月従五位下に昇り大宰府(太宰府市)の役人となる。以後,薩摩守,筑後守,美濃介,河内守など地方官を歴任,『続日本紀』によれば職務に忠実な能吏だったという。宝亀5(774)年7月鎮守副将軍となってから,東北地方の蝦夷征討を担当し,陸奥国按察使(行政監督官),鎮守将軍などを経て,11年2月参議に昇進。ところが翌2月,伊治城(宮城県築館町)に滞在中,部下の伊治郡大領伊治呰麻呂の反乱により殺された。蝦夷出身で広純の信任厚かった呰麻呂は,内心怨みを抱いていたという。

(寺崎保広)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の紀広純の言及

【伊治呰麻呂】より

…呰麻呂はもと陸奥国伊治村の蝦夷族長で,奈良末期の政府側の蝦夷経営にあたってはこれに協力し,外従五位下を授けられ,上治郡大領に任ぜられた。しかし同僚牡鹿郡大領道嶋大楯が,一門道嶋宿禰の権威を笠に,呰麻呂を蝦夷出身者と侮蔑するのを恨み,かつその大楯を信任する按察使(あぜち)紀広純にも含むところがあった。北の胆沢の賊が南下するのを防ぐために,広純が覚鱉(かくべつ)城を築くべく北辺に出張り,道嶋大楯以下をひきいて伊治城に入城したところ,この城において呰麻呂は広純・大楯らを殺して兵をあげ,南下して多賀城にも火をかけ攻めおとし,略奪をほしいままにして引き揚げた。…

※「紀広純」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android