コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀宇美 きの うみ

1件 の用語解説(紀宇美の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀宇美 きの-うみ

?-753 奈良時代の官吏。
紀麻呂(まろ)の子。紀広純(ひろずみ)の父。神亀(じんき)3年(726)従五位下となる。天平(てんぴょう)10年右少弁のとき伊勢(いせ)大神宮に派遣され,神宝を奉献した。のち右中弁,讃岐守(さぬきのかみ),左衛士督(さえじのかみ)を歴任,従四位下にすすむ。天平勝宝(しょうほう)5年10月5日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀宇美の関連キーワード紀年法遣唐使年齢万葉集ローマ美術鑑真仏足石沖縄島成年仏足石歌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone