コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

約翁徳検 やくおう・とくけん

1件 の用語解説(約翁徳検の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

約翁徳検

没年:元応2.5.19(1320.6.25)
生年:寛元2(1244)
鎌倉後期の臨済宗の僧。相模(神奈川県)鎌倉の捨て子であったと伝えられる。某氏に養育されていたのを,来日した蘭渓道隆が童役としてもらいうけた。16歳で出家,東大寺で登壇受戒し,建仁寺,建長寺と遷る蘭渓に従い,のち中国に渡って径山,霊隠寺,天童山,浄慈寺,阿育王山の,中国五山の諸師に歴参して帰国する。永仁4(1296)年建長寺主となった葦航道然のもとで首座となり,山内に長勝寺を開いて住す。その後,東勝・浄妙・禅興寺(いずれも鎌倉)に歴住し,徳治1(1306)年勅を受けて建仁寺に住した。文保1(1317)年一山一寧示寂ののち,後宇多上皇に請われて南禅寺に住し,仏灯大光国師の号を賜る。再三固辞するも許されず,「仏灯」の2字のみ受ける。<著作>『仏灯国師語録』

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

約翁徳検の関連キーワード潭月和尚正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝福島慶道万輝宗旭広叔元運済家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone