コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦航道然 いこう どうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葦航道然 いこう-どうねん

1219-1302* 鎌倉時代の僧。
承久(じょうきゅう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事し,その法をつぐ。四高弟のひとり。弘安4年(1281)無学祖元のもとで建長寺の首座(しゅそ)となる。円覚寺,建長寺の住持をつとめた。正安(しょうあん)3年12月6日死去。83歳。信濃(しなの)(長野県)出身。諡号(しごう)は大興禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

葦航道然の関連キーワード承久アルソ岩三部会乾元カルタベロッタの和約チマブーエ阿野時元公暁二階堂行光源実朝