コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅羊歯 ベニシダ

大辞林 第三版の解説

べにしだ【紅羊歯】

オシダ科の常緑性シダ植物。山野の日陰に多い。葉は太い根茎から束生し、長さ約80センチメートルの二回羽状複葉。深緑色で質かたく、柄や軸に暗褐色の鱗片りんぺんがつく。若い葉・包膜は赤色を帯びる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紅羊歯の関連キーワード暗褐色赤色山野日陰

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android