コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅茸 ベニタケ

デジタル大辞泉の解説

べに‐たけ【紅×茸】

ベニタケ科ベニタケ属のキノコの総称。茎が太くて短く、傘は浅い漏斗状に開き、赤色のものが多い。大部分が無毒で、食用にされるものもある。ドクベニタケアイタケなど。 秋》「―を怖れてわれを怖れずや/三鬼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べにたけ【紅茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこの総称。茎は太くて短く、もろい。傘の色は白・黒・茶・黄・緑・赤などいろいろで、日本にはドクベニタケをはじめ約30種が知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅茸 (ベニタケ)

植物。ベニタケ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紅茸の関連キーワード植物

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android