コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍茸 アイタケ

デジタル大辞泉の解説

あい‐たけ〔あゐ‐〕【藍×茸】

ベニタケ科のキノコ。夏から秋に山林・原野に生える。傘は藍緑色で、もろい。食用。なつあいたけ。
ハツタケの別名。傷ついた部分が緑青色に変わるのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいたけ【藍茸】

ハラタケ目の食用きのこ。かさの上面は藍緑色。夏から秋に、雑木林に生ずる。アオハツ。ナツアイタケ。
ハツタケの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藍茸 (アイタケ)

植物。ベニタケ科のキノコ,園芸植物。ハツタケの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

藍茸の関連キーワードハラタケ山林初茸原野

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android