紅葉笠・紅葉傘(読み)もみじがさ

精選版 日本国語大辞典「紅葉笠・紅葉傘」の解説

もみじ‐がさ もみぢ‥【紅葉笠・紅葉傘】

〘名〙
① (「古今‐秋下」の歌、「雨ふればかさとり山のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞ照る〈壬生忠岑〉」から出て、照る笠の意) 日傘。日照傘(ひでりがさ)
※俳諧・懐子(1660)七「時雨てぞかしける余所の紅葉笠〈近吉〉」
雨傘の一種。元祿時代から用いられた高級品。中央の部分だけ青色の土佐紙で丸く張り、外側を白紙ばりにしたもの。後には、蛇の目傘と同じ模様のものを指し、多く、粗製の傘にいった。
※浮世草子・男色大鑑(1687)二「十二三なる美少人。まだ夏ながら紅葉傘(モミヂガサ)を持て」
③ (紅葉笠) キク科の多年草。各地のやや暗い湿潤な山林内に生える。高さ五〇センチメートル内外。葉は互生し長柄をもち掌状に五~七裂する。初秋、白い小さな頭花を多数円錐状につける。小花はすべて管状花で白い冠毛がある。若苗は食用とする。もみじそう。しとぎ。しとげ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android