紅蓮地獄(読み)ぐれんじごく

精選版 日本国語大辞典「紅蓮地獄」の解説

ぐれん‐じごく ‥ヂゴク【紅蓮地獄】

〘名〙 仏語。八寒地獄の第七、すなわち鉢特摩padma紅蓮」と訳す)。ここに落ちたは、寒さのために身体の皮、肉が破れて紅華のようになるとされるところから、この名がある。ぐれん。ぐれんげ。
今昔(1120頃か)六「遂に死して紅蓮地獄(ぐれんぢごく)に堕(おち)ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紅蓮地獄」の解説

ぐれん‐じごく〔‐ヂゴク〕【×蓮地獄】

仏語。八寒地獄の第七(鉢特摩(はどま))。ここに落ちた者は、寒さのために皮膚が破れてが流れ、紅色の蓮の花のようになるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android