紅麹(読み)べにこうじ

食の医学館の解説

べにこうじ【紅麹】

(べにこうじ)は清酒や味噌に用いられる麹菌の仲間で、紹興酒(しょうこうしゅ)などの醸造に用いられます。中国では消化を助け、血行をよくする漢方薬として古典医学書にも記載されていますし、沖縄では病後の滋養食として王侯貴族に珍重された「豆腐よう」に使われています。
○栄養成分としての働き
 紅麹には血圧調整の働きがありますが、その有効成分はγ(ガンマ)―アミノ酪酸(らくさん)です。γ―アミノ酪酸は脳内に多く存在する抑制性神経伝達物質で、体内ではグルタミン酸から合成されます。
 血圧の上昇を抑制するだけでなく、顕著に下げる働きがあり、高血圧に有効です。またメラニン生成を抑制するので、日焼け止め外用としても効果があります。なおγ―アミノ酪酸の効用は厚生労働省で認定され、特定保健用食品の「関与する成分」の1つになっています。
 紅麹には、このほかモナコリンKというコレステロール合成阻害物質が含まれています。動物実験では悪玉コレステロールを下げる働きが認められ、脂質異常症への適応も期待されます。

出典 小学館食の医学館について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android