コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納屋橋(なやばし)饅頭

デジタル大辞泉プラスの解説

納屋橋(なやばし)饅頭

愛知県、納屋橋饅頭が製造販売する銘菓。砂糖を加えない饅頭皮で餡を包んだ酒饅頭

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納屋橋饅頭
なやばしまんじゅう

名古屋市の名物。酒まんじゅう系の小ぶりなまんじゅうで、上白糖でさらりと仕上げたさらし餡(あん)を、香りの深い甘酒皮でくるみ、調和のとれた味わいをつくりだしている。創業は1899年(明治32)で、代々三輪(みわ)伊三郎を襲名してきた。初代伊三郎は、伊勢(いせ)国(三重県)垂坂(たるさか)(四日市市)で製菓法を修業したので、屋号も伊勢屋と称したが、1913年(大正2)5月5日に、それまで木橋であった納屋橋が石橋に架け替えられ、初代、2代の伊三郎夫婦が渡り初(ぞ)めに選ばれた。その栄誉を記念し納屋橋饅頭本店と改めた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

納屋橋(なやばし)饅頭の関連キーワード愛知県史生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android