納屋橋(なやばし)饅頭

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納屋橋饅頭
なやばしまんじゅう

名古屋市の名物。酒まんじゅう系の小ぶりなまんじゅうで、上白糖でさらりと仕上げたさらし餡(あん)を、香りの深い甘酒皮でくるみ、調和のとれた味わいをつくりだしている。創業は1899年(明治32)で、代々三輪(みわ)伊三郎を襲名してきた。初代伊三郎は、伊勢(いせ)国(三重県)垂坂(たるさか)(四日市市)で製菓法を修業したので、屋号も伊勢屋と称したが、1913年(大正2)5月5日に、それまで木橋であった納屋橋が石橋に架け替えられ、初代、2代の伊三郎夫婦が渡り初(ぞ)めに選ばれた。その栄誉を記念し納屋橋饅頭本店と改めた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android