コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋理性 ジュンスイリセイ

デジタル大辞泉の解説

じゅんすい‐りせい【純粋理性】

《〈ドイツ〉reine Vernunftカント哲学で、最広義には、経験から独立した先天的認識能力および先天的意志能力。広義には、経験を可能ならしめる先天的認識能力。狭義には、概念・判断・推論の能力。最狭義には、推論の能力。→実践理性

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんすいりせい【純粋理性】

〘哲〙 カントの用語。広義では、経験を可能ならしめる先天的な認識能力。狭義では、感覚内容を受容する感性に対する能動的な思惟能力。 → 実践理性

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

純粋理性の関連キーワードコペルニクス的転回キリスト教の本質カント(年譜)ファイヒンガー純粋理性批判ラピサルディメイエルソン実践理性批判プロレゴメナ岩崎 武雄新カント派シュミットカント学派判断力批判天野 貞祐坂田 徳男埴谷雄高権利問題天野貞祐不可知論

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android