コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙八手 カミヤツデ

大辞林 第三版の解説

かみやつで【紙八手】

ウコギ科の常緑低木。東アジアの亜熱帯に自生。茎は円く太く、中に太い髄ずいがある。葉はヤツデに似、掌状で径約50センチメートル。夏、黄緑色の小花を多数円錐花序につける。茎の髄は白く、これから蓪草紙つうそうしを作り、造花材料にも用いる。ツウダツボク(通脱木)。ツウソウ(通草)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紙八手 (カミヤツデ)

学名:Tetrapanax papyriferus
植物。ウコギ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紙八手の関連情報