コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙八手 カミヤツデ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐やつで【紙八手】

ウコギ科の常緑小高木。葉はヤツデに似る。12月ごろ、緑白色の小花を円錐状につけ、黒い実を結ぶ。幹の内部に白い髄がある。髄の薄片通草紙(つうそうし)とよび、書画用紙や水中花原料にする。中国南部・台湾の原産で、南日本植栽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみやつで【紙八手】

ウコギ科の常緑低木。東アジアの亜熱帯に自生。茎は円く太く、中に太い髄ずいがある。葉はヤツデに似、掌状で径約50センチメートル。夏、黄緑色の小花を多数円錐花序につける。茎の髄は白く、これから蓪草紙つうそうしを作り、造花材料にも用いる。ツウダツボク(通脱木)。ツウソウ(通草)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紙八手 (カミヤツデ)

学名:Tetrapanax papyriferus
植物。ウコギ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紙八手の関連キーワードツウダツボク通脱木

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android