コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙冠 カミカブリ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐かぶり【紙冠】

陰陽師(おんようじ)や法師が、祈祷(きとう)のとき額につける三角の紙。中世以後、死者につけさせる風習が生じた。紙烏帽子(かみえぼし)。かみこうぶり。

かみ‐こうぶり〔‐かうぶり〕【紙冠】

かみかぶり」に同じ。
「法師、陰陽師ありて、―をして祓をす」〈今昔・一九・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみかぶり【紙冠】

祈禱きとうのとき、法師が額に付けた三角形の紙。かみこうぶり。かみえぼし。中世以降死者にかぶせるようになった。 「法師・陰陽師の-して祓はらえしたる/枕草子 109

かみこうぶり【紙冠】

かみかぶり(紙冠) 」に同じ。 「法師・陰陽師のありて、-をしてはらへをす/今昔 19

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報