コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙巻(き)タバコ カミマキタバコ

デジタル大辞泉の解説

かみまき‐タバコ【紙巻(き)タバコ】

刻んだタバコの葉を薄い紙で巻いたもの。両切り・口付き・フィルター付きがある。紙巻き。シガレット。→刻みタバコ葉巻き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紙巻(き)タバコの言及

【タバコ(煙草)】より

…これらの品種は気候,風土に馴化(じゆんか)して細刻み原料として成立し,1898年の葉タバコ専売移行時には全国で70種以上を数え,総括して在来種と呼ばれている。その後,嗜好の変化により紙巻タバコ(シガレット)原料用として黄色種がアメリカから輸入され,1897年の試作ののち瀬戸内沿岸を中心に広まった。さらにバーレー種を1933年にアメリカより輸入し,1938年から栽培が始められた。…

※「紙巻(き)タバコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙巻(き)タバコの関連キーワードレイノルズ・インダストリーズペシャーワル煙草・莨オーリンイロリン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android