コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙鍋 かみなべ

食器・調理器具がわかる辞典の解説

かみなべ【紙鍋】

紙製の鍋。また、それを用いる料理。鍋形に編んだ金網和紙を張り、そこに野菜などの食材を入れて煮る。一人前の大きさで、1回で使いきる。和紙には耐水性耐火性をもたせる薬品がしみ込ませてあり、紙はあくを吸着する役割も果たす。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙鍋
かみなべ

コンニャクの特性を生かしてつくった和紙製の即席料理鍋。国栖(くず)紙や美濃(みの)紙などの両面にコンニャク玉の糊(のり)を塗り付け、天日で乾燥させたのち箱型の鍋に仕上げるが、一般家庭では使用されず、非常に特殊なものである。五徳(ごとく)にかけて強い炭火で煮ても焦げず、また細長い袋状につくったものは、湯に入れると酒燗(しゅかん)の早ちろりにもなった。三宅也来(みやけやらい)著『萬金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』(1732刊)には、「豆腐(とうふ)のくず煮、玉子のふわふわ等は、いかにも安く出来る事なり」とある。[宮垣克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紙鍋の関連キーワードコンニャク

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android