コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙鍋 かみなべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙鍋
かみなべ

コンニャクの特性を生かしてつくった和紙製の即席料理鍋。国栖(くず)紙や美濃(みの)紙などの両面にコンニャク玉の糊(のり)を塗り付け、天日で乾燥させたのち箱型の鍋に仕上げるが、一般家庭では使用されず、非常に特殊なものである。五徳(ごとく)にかけて強い炭火で煮ても焦げず、また細長い袋状につくったものは、湯に入れると酒燗(しゅかん)の早ちろりにもなった。三宅也来(みやけやらい)著『萬金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』(1732刊)には、「豆腐(とうふ)のくず煮、玉子のふわふわ等は、いかにも安く出来る事なり」とある。[宮垣克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紙鍋の関連キーワードコンニャク

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android