素懐(読み)ソカイ

大辞林 第三版の解説

そかい【素懐】

日頃から心に抱いている考えや希望。かねてからのこころざし。 「 -を遂げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐かい ‥クヮイ【素懐】

〘名〙
① まえからの願い。かねてからの望み。平素の志。素志。素願。
※小右記‐長和二年(1013)三月一六日「今日有射負態、左相国素云々」
※平家(13C前)六「平家末になる折を得て、源氏の年来の素懐をとげんとす」 〔顔氏家訓‐終制〕
② 出家しようとするかねてからの願い。また、極楽往生の願い。
※権記‐長保四年(1002)二月三日「昨日中将詣飯室剃髪、遂素懐也」
※保元(1220頃か)中「御出家あるべきにて仁和寺の方様へわたらせ給ふとぞ〈略〉ただ素懐をとげさせまゐらすべき由」 〔韋応物‐龍門遊眺詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素懐の関連情報