コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素襖落 スオウオトシ

デジタル大辞泉の解説

すおうおとし〔すアヲおとし〕【素襖落】

(「素袍落」と書く)狂言。伊勢参宮の餞別に素襖をもらい、一杯機嫌で戻った太郎冠者は、主に見つからないように隠すが、はしゃぎすぎて落としてしまい、見つかってからかわれる。
歌舞伎舞踊。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語(すおうおとしなすものがたり)」。福地桜痴作詞、3世杵屋正次郎・鶴沢安太郎作曲。明治25年(1892)東京歌舞伎座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すおうおとし【素襖落】

狂言の一。主人の伯父の家へ使いに行った太郎冠者は、酒をふるまわれて素襖をもらう。酔って帰る道で帰りの遅い自分を捜しに来た主人と出会い、素襖を隠すが、落として主人に拾われてしまう。
新歌舞伎十八番の一。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語すおうおとしなすものがたり」。一幕。福地桜痴おうち作。1892年(明治25)東京歌舞伎座初演。狂言の同名曲を舞踊化したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

素襖落の関連キーワード藤間 勘右衛門(2代目)松島 寿三郎(5代目)藤間勘右衛門(2代)叱る・叱る・呵るしょうらかしい藤間勘右衞門歌舞伎舞踊松涛喜八郎性らかしい中村梅雀伯父者人松羽目物日本舞踊存じ立つ伊勢参宮伊勢白粉何時迄も訳が無い素袍落義太夫

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android