コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素襖落 スオウオトシ

2件 の用語解説(素襖落の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すおうおとし〔すアヲおとし〕【素襖落】

(「素袍落」と書く)狂言。伊勢参宮の餞別に素襖をもらい、一杯機嫌で戻った太郎冠者は、主に見つからないように隠すが、はしゃぎすぎて落としてしまい、見つかってからかわれる。
歌舞伎舞踊。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語(すおうおとしなすものがたり)」。福地桜痴作詞、3世杵屋正次郎鶴沢安太郎作曲。明治25年(1892)東京歌舞伎座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すおうおとし【素襖落】

狂言の一。主人の伯父の家へ使いに行った太郎冠者は、酒をふるまわれて素襖をもらう。酔って帰る道で帰りの遅い自分を捜しに来た主人と出会い、素襖を隠すが、落として主人に拾われてしまう。
新歌舞伎十八番の一。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語すおうおとしなすものがたり」。一幕。福地桜痴おうち作。1892年(明治25)東京歌舞伎座初演。狂言の同名曲を舞踊化したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素襖落の関連キーワード伊勢乞食伊勢参宮伊勢の御師伊勢参り打掛素袍関送り代垢離話伽参詣記・参宮記素袍落(素襖落)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素襖落の関連情報