素襖落(読み)スオウオトシ

デジタル大辞泉の解説

すおうおとし〔すアヲおとし〕【素襖落】

(「素袍落」と書く)狂言。伊勢参宮の餞別に素襖をもらい、一杯機嫌で戻った太郎冠者は、主に見つからないように隠すが、はしゃぎすぎて落としてしまい、見つかってからかわれる。
歌舞伎舞踊。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語(すおうおとしなすものがたり)」。福地桜痴作詞、3世杵屋正次郎・鶴沢安太郎作曲。明治25年(1892)東京歌舞伎座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すおうおとし【素襖落】

狂言の一。主人の伯父の家へ使いに行った太郎冠者は、酒をふるまわれて素襖をもらう。酔って帰る道で帰りの遅い自分を捜しに来た主人と出会い、素襖を隠すが、落として主人に拾われてしまう。
新歌舞伎十八番の一。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語すおうおとしなすものがたり」。一幕。福地桜痴おうち作。1892年(明治25)東京歌舞伎座初演。狂言の同名曲を舞踊化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android