新歌舞伎十八番(読み)しんかぶきじゅうはちばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新歌舞伎十八番
しんかぶきじゅうはちばん

9世市川団十郎選定した歌舞伎作品群の呼称。7世団十郎は,市川家代々のお家芸に自身の新作『勧進帳』を加えた 18種の狂言を「歌舞伎十八番」とし,さらに自身の得意芸から「新歌舞伎十八番」の制定を企てたが,『虎の巻』『蓮生 (れんしょう) 物語』の2作品を残して没した。その意図を明治時代の劇壇の頭目であり,演劇改革を試みた7世の子,9世団十郎が継承し,彼の改革の主張としての活歴物 (かつれきもの) と,能から取った所作事を中心に,伊原青々園説によると 32種,一説には 40種の作品を「新歌舞伎十八番」に収めた。おもな作者は河竹黙阿弥と福地桜痴。作品は,古典改作では前記2作品と『義経腰越状』『時平公七笑 (しへいこうななわらい) 』,活歴新作品では『地震加藤』『張抜筒 (はりぬきづつ) 』『酒井の太鼓』『吉備 (きび) 大臣』『重盛諫言』『荏柄 (えから) 問答』『高時天狗舞』『仲光』『山伏摂待』『伊勢三郎』『凧の為朝』『文覚 (もんがく) 勧進帳』『仲国』『女楠 (おんなくすのき) 』『向井将監 (しょうげん) 』など,所作事では『釣狐』『船弁慶』『左小刀』『新七つ面』『二人袴 (ににんばかま) 』『大森彦七』『紅葉狩』『素袍落 (すおうおとし) 』『鏡獅子』などを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新歌舞伎十八番【しんかぶきじゅうはちばん】

歌舞伎劇のうち7世および9世市川團十郎歌舞伎十八番のほかに自分たちの初演した得意芸を集め総称したもの。《鏡獅子》《大森彦七》《素襖落(すおうおとし)》など30種以上で,舞踊劇と活歴劇が多い。
→関連項目鏡獅子新古演劇十種素袍落釣狐船弁慶紅葉狩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんかぶきじゅうはちばん【新歌舞伎十八番】

歌舞伎用語。7世市川団十郎は〈家の芸〉18種を〈歌舞伎十八番〉と制定した後,自分自身の得意芸18演目を集めて〈新歌舞伎十八番〉の選定を企てた。《虎の巻》(《鬼一法眼三略巻》の奥庭の新演出,1850)と《蓮生物語》(《熊谷陣屋》の後日譚《堺開帳三升花衣》の新演出,1852)の2作を選んで没したので,その子9世団十郎が残り16種を選定。なお〈十八番〉を〈おはこ〉の意として,さらに演目をふやし合計32種を含ませた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんかぶきじゅうはちばん【新歌舞伎十八番】

「歌舞伎十八番」以外に、七代目および九代目団十郎の当たり芸を主として、九代目が選んだ演目。活歴物の新作が多く、「地震加藤」「紅葉狩」など三十数種ある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新歌舞伎十八番
しんかぶきじゅうはちばん

7世・9世の市川団十郎が制定した歌舞伎(かぶき)劇の一群。この場合の十八番とは得意なものという意味なので、数は18種をはるかに超え、32種あるいは40種との説がある。7世団十郎は祖先からの家の芸「歌舞伎十八番」のほかに自身の得意芸または記念的作品18種を選定しようとしたが、『虎の巻(とらのまき)』『蓮生(れんしょう)物語』の2作を選んだだけで没したので、その子9世団十郎は父の遺志を継ぎ、自分の初演した会心の作を多数選んで「新歌舞伎十八番」と名づけた。演劇改良の新運動を反映する活歴物(かつれきもの)と、能・狂言に取材した高尚趣味の舞踊劇が多いのが特徴。今日そのタイトルをつけられるものに、『時平七笑(しへいのななわらい)』『地震加藤(じしんかとう)』『真田張抜筒(さなだはりぬきづつ)』『酒井の太鼓』『敷皮(しきかわ)の五郎』『荏柄問答(えがらもんどう)』『高時(たかとき)』『重盛諫言(しげもりかんげん)』『凧(たこ)の為朝(ためとも)』『仲光(なかみつ)』『文覚勧進帳(もんがくかんじんちょう)』『女楠(おんなくすのき)』などのほか、舞踊劇の『鏡獅子(かがみじし)』『大森彦七(ひこしち)』『船弁慶(ふなべんけい)』『紅葉狩(もみじがり)』『素襖落(すおうおとし)』『二人袴(ににんばかま)』『吹取妻(ふきとりづま)』『釣狐(つりぎつね)』などがある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐かぶきじゅうはちばん ‥かぶきジフハチバン【新歌舞伎十八番】

〘名〙 七世および九世市川団十郎が、「歌舞伎十八番」以外の得意芸を選定して銘打ったもの。一八種に限らず、三十余種に及ぶ。虎の巻・蓮生物語・地震加藤・酒井の太鼓・吉備大臣・重盛諫言・高時・仲光・伊勢の三郎・文覚勧進帳・鏡獅子・大森彦七・舟弁慶・紅葉狩・素襖落・二人袴・高野物狂・左小刀・釣狐など。
※時事新報‐明治二五年(1892)三月一二日「此の新歌舞伎十八番は団洲の実父七代目海老蔵の勤めて当りし者と当人が世評を博したる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新歌舞伎十八番の関連情報