コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫微内相 シビナイショウ

大辞林 第三版の解説

しびないしょう【紫微内相】

紫微中台の長官。令外の官。757年、藤原仲麻呂がその職につき、翌年、仲麻呂が大保たいほに任ぜられたことにより廃絶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の紫微内相の言及

【紫微中台】より

…もと光明皇后の意志の伝達,日常生活等を営むために729年(天平1)設置された皇后宮職を改称したものである。孝謙天皇の即位にともなって光明皇后が皇后から皇太后へかわったことに際してとられた措置であるが,紫微中台の長官(紫微令,後に紫微内相)に藤原仲麻呂が任命され,光明皇后との密接なつながりを官職上ももったことが注目される。当時,仲麻呂は大納言であったため,公的政治の場である太政官にも影響力をもち,同時に光明皇太后とむすんで天皇家と直接連絡をとるという立場をもつこととなった。…

※「紫微内相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紫微内相の関連キーワード奈良時代(年表)大保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android