コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫微中台 しびちゅうだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫微中台
しびちゅうだい

奈良時代中期に行われた令外官 (りょうげのかん) 。天平勝宝1 (749) 年9月,藤原仲麻呂の発議により,従来の皇后宮職を改称して生れた。仲麻呂はその長官である紫微令に任じられ,勢威をふるったが,天平宝字8 (764) 年9月誅せられ,この官制も廃せられ,もとの皇后宮職に復した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しび‐ちゅうだい【紫微中台】

天平勝宝元年(749)皇后宮職を唐風に改称したもの。→紫微内相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しびちゅうだい【紫微中台】

749年(天平勝宝1)に設置された令外官。令,,忠,疏の四等官22名がおかれた。もと光明皇后の意志の伝達,日常生活等を営むために729年(天平1)設置された皇后宮職を改称したものである。孝謙天皇の即位にともなって光明皇后が皇后から皇太后へかわったことに際してとられた措置であるが,紫微中台の長官(紫微令,後に紫微内相)に藤原仲麻呂が任命され,光明皇后との密接なつながりを官職上ももったことが注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しびちゅうだい【紫微中台】

奈良時代の一時的な令外の官。749年、孝謙天皇の時に、藤原仲麻呂らが光明皇后の後見の機関として皇后宮職を唐風に改称したもの。764年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫微中台
しびちゅうだい

奈良時代の令外官(りょうげのかん)。749年(天平勝宝1)孝謙天皇が即位し、生母である光明皇后が皇太后となったのに伴い、皇后宮職(こうごうぐうしき)を改組したもの。令(れい)・弼(ひつ)・忠(ちゅう)・疏(そ)の四等官(しとうかん)制をとり、官位相当は八省より高かった。紫微令には光明皇太后の甥の藤原仲麻呂が任用された。仲麻呂は紫微中台を利用して権力を蓄え、757年(天平宝字1)には紫微令を改めた紫微内相(ないしょう)となるが、これは、天皇の勅を奉じて諸司にわかち、かつ内外諸兵事を統轄する職掌をもつものであった。758年の官号改易の際に坤宮官(こんぐうかん)と改称されるが、同日仲麻呂が大保(だいほう)(右大臣を改称)に転任すると、坤宮官は長官を欠いたままとなり、760年の光明皇太后崩御の後、ほどなく廃止された。川敏子]
『岸俊男著『藤原仲麻呂』(1987・吉川弘文館) ▽栄原永遠男編『古代の人物3 平城京の落日』(2005・清文堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紫微中台の関連キーワード楽毅論(がくきろん)奈良時代(年表)橘奈良麻呂の変山口佐美麻呂大中臣清麻呂巨勢堺麻呂橘奈良麻呂賀茂角足和気広虫奈良時代称徳天皇紀飯麻呂石川年足葛木戸主百済孝忠吉田兄人中宮職後見舎人大弼