コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲丸事故

2件 の用語解説(紫雲丸事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

紫雲丸事故

1955年5月11日、岡山県・宇野港と香川県・高松港を結ぶ旧国鉄宇高連絡船「紫雲丸」(1480トン)が午前6時40分に高松港を出港した16分後に、高松港に向かう同連絡船の第3宇高丸(1282トン)と濃霧のなかで衝突した。紫雲丸は数分後に沈没し、乗客781人のうち修学旅行の小中学生ら168人が亡くなった。この事故をきっかけに「瀬戸大橋」など、本州四国連絡橋の必要論が高まったとされる。宇高連絡船は瀬戸大橋の開通に伴い、88年に廃止された。

(2007-05-12 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

紫雲丸事故

岡山県・宇野港と香川県・高松港を結ぶ旧国鉄の宇高連絡船「紫雲丸」が1955年5月11日午前6時56分、高松市沖の瀬戸内海で、同じ連絡船の貨物船「第三宇高丸」と衝突、数分後に沈没した。乗客781人のうち、修学旅行中の小中学生を含む168人が亡くなった。

(2008-05-16 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫雲丸事故の関連キーワード宇野宇高連絡船玉野巌津政右衛門宇野円三郎岡田磐小田安正永山卯三郎永山久吉守分十

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紫雲丸事故の関連情報