コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川忠隆 ほそかわ ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川忠隆 ほそかわ-ただたか

1581-1646 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)9年生まれ。細川忠興(ただおき)の長男。関ケ原の戦いのとき,死をえらんだ母ガラシャをみすてて脱出した妻千世を弁護したため,おこった父に追放される。のち妻ともわかれ,出家して休無と号し,京都にすんだ。正保(しょうほ)3年8月1日死去。66歳。山城(京都府)出身。初名は忠陸。通称は与一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

細川忠隆の関連キーワード安土桃山時代(年表)鮭延秀綱パスカル(Blaise Pascal)井上正継メイナール小林義信NPO阿賀川梅津政景日記オランダ王国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android