コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細瑾 サイキン

デジタル大辞泉の解説

さい‐きん【細×瑾】

《「細謹」の誤記からできた語》少しのきず。わずかな欠点、過ち。
「大功を成す者は―を顧みずという」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいきん【細瑾】

〔「細謹」の誤記から生じた語〕
わずかな欠点やあやまち。 「 -を顧みて後の大功は立たまはざる/近世紀聞 延房

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

細瑾の関連キーワード大行は細謹を顧みず

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android