終宵(読み)しゅうしょう

精選版 日本国語大辞典「終宵」の解説

しゅう‐しょう ‥セウ【終宵】

〘名〙 日暮れから夜明けまで。夜もすがら。一晩中。夜どおし。終夕終夜
※凌雲集(814)和左衛督朝臣嘉通秋夜寓直周廬聴早雁之作〈嵯峨天皇〉「感殺周廬寓直者、終宵不寝意無窮」
※和漢朗詠(1018頃)上「蔓草露深し人定(しづ)まって後、終雲尽きぬ月の明らかなる前〈小野篁〉」 〔韓愈‐江漢答孟郊詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android