終宵(読み)シュウショウ

デジタル大辞泉 「終宵」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐しょう〔‐セウ〕【終宵】

一晩中。夜通し。終夜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「終宵」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐しょう ‥セウ【終宵】

〘名〙 日暮れから夜明けまで。夜もすがら。一晩中。夜どおし。終夕。終夜。
※凌雲集(814)和左衛督朝臣嘉通秋夜寓直周廬聴早雁之作〈嵯峨天皇〉「感殺周廬寓直者、終宵不寝意無窮」
※和漢朗詠(1018頃)上「蔓草露深し人定(しづ)まって後、終宵雲尽きぬ月の明らかなる前〈小野篁〉」 〔韓愈‐江漢答孟郊詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「終宵」の読み・字形・画数・意味

【終宵】しゆうしよう

終夜。

字通「終」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android