コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絃曲大榛抄 げんきょくたいしんしょう

2件 の用語解説(絃曲大榛抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絃曲大榛抄
げんきょくたいしんしょう

地歌三弦楽譜。半紙判3冊の初編のみ文政 11 (1828) 年刊行。奥書に予告された第2~6編は刊行されなかった。序文文政7 (23) 年。葛野端山編,光崎検校校閲,京都野田治兵衛らが出版。雪の巻,月の巻に三味線本手 (組歌) の表組を,花の巻に雑歌 (ひらうた) として端歌の比較的詳細な譜を収載。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんきょくたいしんしょう【絃曲大榛抄】

三味線の楽譜集。葛の屋道広(葛野端山)著,光崎検校校閲。1828年(文政11)に初編雪,月,花3巻3冊が京都野田治兵衛より刊行。序題は,単に《大榛抄》とある。雪,月の2巻には,京都伝承の柳川流三味線組歌の表組全7曲の譜が収録され,花の巻には〈雑歌(ひらうた)〉として,長歌1曲,手事物1曲,芝居歌2曲,端歌7曲の計11曲の譜が収録されているが,その時代に流行していた代表曲を選んだものと思われる。いずれも,その記譜法は当時としては最も精細・正確を期したものといえ,歌の譜まで記譜されているのが特色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絃曲大榛抄の関連キーワード相三味線色糸三味線糸三味線駒立三味線ぺんぺん三味線胴連三味線葛野端山葛の屋道広

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone