コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絃曲大榛抄 げんきょくたいしんしょう

2件 の用語解説(絃曲大榛抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絃曲大榛抄
げんきょくたいしんしょう

地歌三弦楽譜。半紙判3冊の初編のみ文政 11 (1828) 年刊行。奥書に予告された第2~6編は刊行されなかった。序文文政7 (23) 年。葛野端山編,光崎検校校閲,京都野田治兵衛らが出版。雪の巻,月の巻に三味線本手 (組歌) の表組を,花の巻に雑歌 (ひらうた) として端歌の比較的詳細な譜を収載。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんきょくたいしんしょう【絃曲大榛抄】

三味線の楽譜集。葛の屋道広(葛野端山)著,光崎検校校閲。1828年(文政11)に初編雪,月,花3巻3冊が京都野田治兵衛より刊行。序題は,単に《大榛抄》とある。雪,月の2巻には,京都伝承の柳川流三味線組歌の表組全7曲の譜が収録され,花の巻には〈雑歌(ひらうた)〉として,長歌1曲,手事物1曲,芝居歌2曲,端歌7曲の計11曲の譜が収録されているが,その時代に流行していた代表曲を選んだものと思われる。いずれも,その記譜法は当時としては最も精細・正確を期したものといえ,歌の譜まで記譜されているのが特色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone