コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑歌 ぞうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑歌
ぞうか

歌集の部立の一つ。文字どおり種々多の内容の歌をいう。『万葉集』で用いられたのが最も古く,巻一,三,五,六,七,八,九,十,十三,十四,十六の諸巻にみえる。中国の『文選 (もんぜん) 』の雑歌,雑詩,雑擬の分類にならったと考えられるが,『万葉集』では,相聞挽歌以外のすべてを雑歌としているため,行幸,遷都,宮廷の宴会など,公的な,晴れがましい場の作が多数含まれ,また常に相聞,挽歌に先立って配列されていることからも,むしろ雑歌を歌の本格的なものとする意識があったと考えられる。『古今集』以下の勅撰集では,春,夏,秋,冬,賀,離別などの多くの部立の一つであり,また巻末近くにおかれており,むしろ字義どおりの用い方がされているといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雑歌【ぞうか】

歌集の部立(ぶだて)(分類項目)の一つ。《万葉集》では,相聞(そうもん),挽歌(ばんか)以外のすべてを収め,行幸,旅,公私の宴の場合の最も晴れがましい歌を含む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうか【雑歌】

歌集における和歌の分類項目名。〈くさぐさのうた〉とも呼ばれる。《万葉集》では相聞(そうもん),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立(ぶだて)の一つとして,他の2者に属さない内容の歌を収める。中国の《文選(もんぜん)》に見える雑歌,雑詩等の名称に学んだものと思われるが,内容的にはそれらと異なり,従駕応詔,遊宴など,むしろもっとも公的・本格的な性格の歌を擁し,柿本人麻呂,山部赤人らの吉野における宮廷讃歌などを収めるのも雑歌の部である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑歌
ぞうか

「相聞(そうもん)」「挽歌(ばんか)」と並ぶ、『万葉集』における三大部立(ぶだて)の一つ。「相聞」「挽歌」に含まれない内容の歌を総括するが、国見(くにみ)、遊猟(ゆうりょう)、行幸(ぎょうこう)など宮廷生活の晴の場でなされた歌などを収め、編纂(へんさん)にあたっては「雑歌」が他の二つの部に優先する。『万葉集』では、巻1、3、5、6、7、8、9、10、13、14、16の諸巻に「雑歌」の部をたてる。その部立の名称は、『文選(もんぜん)』に典拠を求めたと認められ、歌の内容からする「相聞」「挽歌」に対して、主として歌の場に基づくのが「雑歌」の部立だといえる。宮廷生活の晴の歌の集合として、表だった本格的な歌という意識があったものとみられる。ただ、平安時代以後、同じ名称ではあるものの性格はまったく異なる「雑歌」がある。『古今集』などの部立としてみられるものであるが、他の部立には入りがたい多様な歌が収められる。四季、恋に対して、それ以外の幅広い内容を包括する部となっていったものである。[神野志隆光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雑歌の言及

【雑歌】より

…《万葉集》では相聞(そうもん),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立(ぶだて)の一つとして,他の2者に属さない内容の歌を収める。中国の《文選(もんぜん)》に見える雑歌,雑詩等の名称に学んだものと思われるが,内容的にはそれらと異なり,従駕応詔,遊宴など,むしろもっとも公的・本格的な性格の歌を擁し,柿本人麻呂,山部赤人らの吉野における宮廷讃歌などを収めるのも雑歌の部である。全巻雑歌から成る巻一・五・六・十六のほかにも多くの巻に見え,他の部立と並ぶ場合は常にその先頭におかれる。…

※「雑歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雑歌の関連キーワードキーセン(妓生)新勅撰和歌集古今和歌集筏井 嘉一足立 巻一絃曲大榛抄夏(なつ)金槐和歌集風雅和歌集挽歌・輓歌梁塵秘抄ヒグラシ桂園一枝筏井嘉一駿河采女拾遺愚草古谷蒼韻種種の歌譬喩歌神楽歌

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android