コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑歌 ぞうか

8件 の用語解説(雑歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑歌
ぞうか

歌集の部立の一つ。文字どおり種々雑多の内容の歌をいう。『万葉集』で用いられたのが最も古く,巻一,三,五,六,七,八,九,十,十三,十四,十六の諸巻にみえる。中国の『文選 (もんぜん) 』の雑歌,雑詩,雑擬の分類にならったと考えられるが,『万葉集』では,相聞,挽歌以外のすべてを雑歌としているため,行幸,遷都,宮廷の宴会など,公的な,晴れがましい場の作が多数含まれ,また常に相聞,挽歌に先立って配列されていることからも,むしろ雑歌を歌の本格的なものとする意識があったと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざっ‐か【雑歌】

ぞうか(雑歌)

ぞう‐か〔ザフ‐〕【雑歌】

歌集の部立ての一。万葉集では相聞(そうもん)挽歌(ばんか)に属さないすべての歌をいう。古今集以後では、四季・賀・離別・羇旅(きりょ)・恋などに分類されない歌をいう。ぞうのうた。ぞう。ざっか。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雑歌【ぞうか】

歌集の部立(ぶだて)(分類項目)の一つ。《万葉集》では,相聞(そうもん),挽歌(ばんか)以外のすべてを収め,行幸,旅,公私の宴の場合の最も晴れがましい歌を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうか【雑歌】

歌集における和歌の分類項目名。〈くさぐさのうた〉とも呼ばれる。《万葉集》では相聞(そうもん),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立(ぶだて)の一つとして,他の2者に属さない内容の歌を収める。中国の《文選(もんぜん)》に見える雑歌,雑詩等の名称に学んだものと思われるが,内容的にはそれらと異なり,従駕応詔,遊宴など,むしろもっとも公的・本格的な性格の歌を擁し,柿本人麻呂山部赤人らの吉野における宮廷讃歌などを収めるのも雑歌の部である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざっか【雑歌】

ぞうか【雑歌】

ぞう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雑歌
ぞうか

「相聞(そうもん)」「挽歌(ばんか)」と並ぶ、『万葉集』における三大部立(ぶだて)の一つ。「相聞」「挽歌」に含まれない内容の歌を総括するが、国見(くにみ)、遊猟(ゆうりょう)、行幸(ぎょうこう)など宮廷生活の晴の場でなされた歌などを収め、編纂(へんさん)にあたっては「雑歌」が他の二つの部に優先する。『万葉集』では、巻1、3、5、6、7、8、9、10、13、14、16の諸巻に「雑歌」の部をたてる。その部立の名称は、『文選(もんぜん)』に典拠を求めたと認められ、歌の内容からする「相聞」「挽歌」に対して、主として歌の場に基づくのが「雑歌」の部立だといえる。宮廷生活の晴の歌の集合として、表だった本格的な歌という意識があったものとみられる。ただ、平安時代以後、同じ名称ではあるものの性格はまったく異なる「雑歌」がある。『古今集』などの部立としてみられるものであるが、他の部立には入りがたい多様な歌が収められる。四季、恋に対して、それ以外の幅広い内容を包括する部となっていったものである。[神野志隆光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雑歌の言及

【雑歌】より

…《万葉集》では相聞(そうもん),挽歌(ばんか)と並ぶ三大部立(ぶだて)の一つとして,他の2者に属さない内容の歌を収める。中国の《文選(もんぜん)》に見える雑歌,雑詩等の名称に学んだものと思われるが,内容的にはそれらと異なり,従駕応詔,遊宴など,むしろもっとも公的・本格的な性格の歌を擁し,柿本人麻呂,山部赤人らの吉野における宮廷讃歌などを収めるのも雑歌の部である。全巻雑歌から成る巻一・五・六・十六のほかにも多くの巻に見え,他の部立と並ぶ場合は常にその先頭におかれる。…

※「雑歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雑歌の関連キーワード恋の歌雑業雑報雑本雑録種種雑多庶務神祇歌部立て文字通り

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone