コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営委任 けいえいいにん

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいいにん【経営委任】

企業の経営を他人に委任することであるが,その中には,経営を委任された営業に基づく損益が受任者側に帰属する類型(狭義の経営委任とよばれる)と,損益が委任者側に帰属する類型(経営管理とよばれる)の2類型があるといわれている。いずれの形態も委任された営業を傘下に収めてコンツェルンを形成するなど企業結合の目的で行われることが多いが,日本ではその実例はあまり多くない。経営委任は当事者間の委任契約に基づいて有効に成立しうるが,株式会社,有限会社においては,経営の全部を委任する場合は,その会社における営業のあり方に重大な影響が及ぶので,株主総会,社員総会の特別決議を経ることが有効要件とされている(商法245条1項2号,有限会社法40条1項2号)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

経営委任の関連キーワード支配会社事業譲渡親会社

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android